読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ginpaの甲状腺がん闘病ブログ

三十路過ぎ(女)の育児中甲状腺がん闘病記録です

甲状腺がん告知まで① 健康診断で引っかかる

まずは、がんが発覚(正確にはがんの疑いが発覚)するまでの過程を振り返って行きたいと思います。

 

私の場合、自覚症状は全くありませんでした。

というか、甲状腺がんの場合、そういう方も多いみたいですね。

 

最初のきっかけは、会社の年一定期健康診断での触診でした。

 

その年から見てもらうお医者さんが変わっています。その人曰く、、

「ん、、?なんだか喉の右側に腫れがあるみたいですね。甲状腺に何かある、かも、しれません。私は専門ではないので、甲状腺の専門医に診てもらうのがよいと思います。要再検査にチェックしておきますね〜(^_^)

たぶん血液検査とエコーでちゃんとしたことが分かると思いますよ〜(^_^)」

と、ホワッとした感じで言われました。

 

私自身も、

「まあ前年までなんも言われなかったし、放っておいてもいいんじゃね?」

くらいの気持ちでいましたが、ちょうどその時は娘妊娠中

万が一、億が一何かあったら後悔するし、再検査受けなさいに従うことにしました。